www.olympiuleikar.com
事故は、あなただけの自損事故と他者に迷惑をかけた自動車事故があります。自分自身だけの事故の時には自分自身が対応をしたら終わりますが、第三者が関わった事故は各々にどのくらい不注意が存在するのかを確認して、それにより故障した車の修理の費用や示談金の額などが決定されるので、保険屋さんの人にたってもらい相談が必要となります。大多数の自動車での事故の時各々にちょっとは手落ちがある状態が多く一方だけの過失だという場面はほとんどありません。もちろん信号が赤でも進んでしまったり一時停止で止まらなかったなどはとても大きな責任がありますが被害者側にも落ち度があると言われます。自動車の事故の場合にはどの人の落ち度が原因かというのが重要になるので、この判断を当事者に分かりやすく表現したものが「過失割合」(過失割合)です。例として、先ほどの赤信号無視や一時停止でもそのまま進んだ事情では、法であれば相手に全ての過失があると思いがちですがその状況で事故の原因になった車が前の方から来て目で見て確認できた状態だとすれば自動車事故の被害者でも注意が足りないとされ10%程度の責任が認められる可能性は0ではありません。つまりこの状況では相手9割、自分が1割過失の割合となって過失が大きな側に手落ちが問われます。もっといえばこの過失割合は昔の自動車事故の判例をベースに判断されることが状況が大部分で日弁連の交通事故相談センターから公にされている基準表などが目安として用いられています。このような過失割合で、割合が大きければ大きいほどミス言い換えると賠償しなければいけない額も大きくなる可能性が高いので事故後の話し合いは本人達だけでなく自動車の保険の係りの方に加わってもらって落ち着いて交渉することが大切です。