www.olympiuleikar.com
車の事故は自分だけで起こした自損事故と自分以外を巻き込む自動車での事故がございます。自分だけの事故の時には、自分自身だけで事故の対応をしたら終了しますが他の人を巻き込んだ自動車事故はお互いにどのくらい誤りがあったのかをチェックして、この結果によって乗用車の修理のお金や和解金の額などが決められるので自動車の保険屋さんの担当の方にたってもらい協議が欠かすことが出来ません。大多数の自動車の事故のケースで相手だけでなく自分にも多少の間違いがある時が多く片方だけの手落ちであるという状態は多くありません。もちろん信号無視や一時停止無視等は多大なミスになりますが被害を受けた人であっても間違いがあると判断されます。自動車事故の状況ではどの人の間違いで発生したのかという結論が非常に大事になってきますのでそれを誰にも分かりやすく表した基準が過失割合です。一例として、前述した赤信号無視や一旦停止無視場合であるならば法律のルール上事故を起こした人に全ての過失があると見えますが、その状況で事故の原因になった車が正面からこちらに向かってきていて目視で確認できるケースであれば事故の被害者でも注意不足であったとして10%ほどの手落ちが指摘される可能性もあります。よってこの状況では相手9割事故に巻き込まれた方が1割過失割合と決められ責任が大きいとそれなりの間違いが問われます。さらに自動車事故の過失の割合昔の事故判例をベースに決定するケースが大いにあり日弁連の交通事故相談センターから明らかにされている基準が基準として使われています。このような過失割合で、数字が高ければ高いほど落ち度要するに損害賠償金も大きくなると判断されるので交渉は本人同士だけでなく自動車の保険屋さんの係りの方と一緒に慌てずに話し合うことが重要です。