www.olympiuleikar.com
想像できずにいきなり出会うのが乗用車の事故です。ここでどう対処したことが原因となり、自動車の保険金の支払額も相当大きく異なる場合も予測できますので決断と行動が大事です。予想外の状況にあって慌ててしまうと大事な状況を見失ってしまい、先々自身が大きな損を受ける場合もあるので自動車の事故に巻き込まれた状況では以下に記述した対応を行いましょう。車の事故に遭遇した状況で最初にするべきは怪我をした方の状況の確認です。乗用車の事故のすぐ後は動揺して呆然としてしまう状況がありなかなか対処できないのが現実です。その場合、負傷した人がいたならば危険ではない地点に移動して手当てして、119番通報するなどして負傷者の最優先に努めることが大切です。救急車に連絡する場合は的確な事故があった場所を伝え、不明な状況では付近の目立つ建造物や地点を伝えて事故が起こった位置を特定できるようにします。その後で110番へ連絡して車の事故があった旨また様子を説明します。救急車と警察の到着を待っている時間に事故の相手の情報を聞きます。氏名、TEL番車のナンバー事故の相手の自動車保険会社名という各々の内容を言います。特に相手に違反が存在する場合、そこでやりくりしようとする場面が考えれますが現場で片付けるのではなくどのような場面だとしても警察や保険屋さんに通報して、ちゃんと確認してもらうようにしましょう。各々の情報を交換したら他の人の妨害にならないために障害になる物を道路の上からどかします。万一障害物が他者の自動車の邪魔になっている時は相手と自分の情報の交換をするより先にこれを完了させても問題はないはずです。この後に自分が加入している保険屋さんに連絡して事故が発生したことを知らせます。事故から特定時間の時に保険屋さんに電話しておかないと保険の適用外となることも想定されますので気がついたら遅れることなく電話をすることが大事です。可能であれば現場の証拠になるように、デジカメやタブレット等を用いて現場や事故車の破損状態を見ることができる写真を撮影しておきます。これは過失のパーセンテージ決定する大きな証拠となりますので自身の愛車や先方の乗用車の破損を全部証拠に残しておいてください。その状況で他の人がいるのであれば警察の方や保険会社が辿り着くまで事故現場に待機してもらうようにお願いするのも忘れてはいけません。